六角橋商店街「キッチン友」が孤独のグルメに登場!洋食屋のこだわりメニュー画像

「孤独のグルメ」で放送された、白楽の「キッチン友」は、六角橋商店街の路地裏に静かに佇むレトロな店構えの洋食屋さんです。

40年の歴史を持つ昭和の洋食屋さんの手間隙かけたこだわり料理は、今も大勢のお客さんに愛されています。

 

横浜市神奈川区六角橋1−7−21
045−431−1152
東急東横線白楽駅より徒歩1−2分(六角橋商店街裏路地)
営業時間:12:00p.m.~22:00p.m.
定休日:毎週水曜日

 

〈人気メニュー〉

スペシャル友風焼き

飴色に炒められたタマネギの画像がテレビで話題をよんだ1品です。お肉と山盛りのタマネギをお醤油とワインで炒めた鉄板焼き料理。料理の下には、ポテトやスパゲッティがしいてある。

 

 

 

ジャンボランチ

大きなお皿にぎっちり詰まった洋食が堪能できます。どっしり詰まれたライスに寄りかかるのは、唐揚げ、海老フライ、ハンバーグ、半熟目玉焼きなどの定番洋食メニュー。お腹の空いている時にがっつり食べたい方におすすめです。

 

 

 

ハンバーグステーキ

昔と変わらぬ味でリピーターを魅了。半熟玉子とハンバーグステーキの最強の組み合わせで、いつの時代でも人気の1品。

 

 

 

ナポリタン

皆が想像するケチャップ味のナポリタンとは別物。デミグラスソースが太麺によく絡む絶品。粉チーズとの相性も抜群。

 

 

 

慶応大学の近くですね。大学のちかくには、昔からつづくレトロで定評のお店が多いものです。
ショーウィンドウ内にメニューが並ぶ店構えも、昭和感があって素敵ですね。
長年愛される洋食の味、是非1度味わってみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です