mixi (ミクシィ) 足あと機能を復活へ | 人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載!

mixi (ミクシィ) 足あと機能を復活へ

ソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)サイトを運営するmixiは、2012年10月9日に、訪問者履歴である「足あと」を残すサービスのリアルタイムでの表示機能を復活させることを発表しました。

もともと足あと機能とは、自分の日記やプロフィールページを『いつ』『だれが』訪れたかを確認することができるリアルタイム利益表示機能のことでした。

2004年2月のmixiオープンからずっと目玉の機能として使われていましたが、
2011年6月にこの足あと機能を事実上廃止し、その後はページ訪問したユーザーを一覧できる「先週の訪問者」機能に変更していました。

リアルタイムでない分、アクセス解析に近い感じになってしまったというわけです。

この足あと機能は賛否両論で、

「ミクシーはこの機能が嫌で退会した」
「足跡機能すっげー嫌いだったからコレで気兼ねなく見逃げ出来る」
「先週の足跡も要らんわ」

といったこの変更を支持する声もあれば、

「足跡がリアルタイムだから日記書く気持ちにもなれたのにね」
「この機能があったからこそ、マイミクが出来た」
「安否確認にフル活用しました>震災時」

など廃止を惜しむ声も上げられていました。

そういった中、約1年半での機能復活となりました。

この1年で、日本のSNS市場の動向も大きく変わってきました。
これまでMixiの独占となっていたSNS市場ですが、Facebookの登場で徐々に牙城が脅かされてします。

そして、ついに2012年9月には、

■日本におけるFacebookの月間アクティブユーザー数は1484万人(9月発表)
■mixiが発表している6月の月間アクティブユーザーは1453万人(6月発表)

となり、おそらくアクティブユーザー数において遂に逆転されている現象が起きています。

こういった経緯もあり、Facebookにはない独自の機能である足あと機能の復活に繋がったと思います。
mixiのユーザー数は、2011年5月の約1547万人をピークに横ばいか減少傾向が続いているので、
今後のシェア奪回のためにも、こういった動きは必要なのでしょうね。

次の記事 »
前の記事 »

人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載! TOP » IT » mixi (ミクシィ) 足あと機能を復活へ