「二年参り」の意味とは?新潟や長野の方言?「初詣」とは? | 人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載!

「二年参り」の意味とは?新潟や長野の方言?「初詣」とは?

ドラマ・アニメ・映画の無料視聴の方法をご紹介しています。
無料視聴は下記か­らご覧いただけます。
↓↓↓
ドラマ・アニメ・映画を無料で視聴する

「二年参り(二年参り)」は、「初詣(はつもうで)」の意味と同じく大晦日の夜、新年にかけて参拝に行くことです。「初詣」は、年が明けて新年になってから、その年初めて神社やお寺などにお参りに行き、新しい年の安全や成功を祈願する行事のことです。「二年参り」も同じことなのですが、大晦日の深夜零時になる前に参拝が始まり、零時を過ぎて元旦に渡って参拝が行われるため、ゆく年とくる年の2年の年にかかってお参りをすることから、新潟や長野などの地方では「二年参り」と呼ばれるそうです。

「初詣」の呼び方の由来は、「恵方詣」「恵方参り」からきています。新しい年に縁起の良い方角である「恵方」にある神社やお寺に参拝に行き、縁起の良い寺院で一年の幸福をお祈りする風習がありました。現在は「恵方」の考えは薄れ、新しい年にその年一年の幸福を祈願しに行く行事を「初詣」と呼ぶようになりました。

 

東京にも、初詣の祈願に有名な寺院が沢山存在します。初詣人気スポット全国トップ3に入る「明治神宮」を初めとし、安産や子授けの祈願が有名の「水天宮」、政治家参拝で常に名のあがる「靖国神社」、学問の神様が祀られる「湯島天神」、などなどこの他にも初詣で人々がにぎわう寺院が沢山あります。

 

駅街ガイド.jpのサイトに、東京都の初詣ガイドがあり、行き方など詳しく調べる事ができます。

ドラマ・アニメ・映画の無料視聴の方法をご紹介しています。
無料視聴は下記か­らご覧いただけます。
↓↓↓
ドラマ・アニメ・映画を無料で視聴する

次の記事 »
前の記事 »

人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載! TOP » イベント » 「二年参り」の意味とは?新潟や長野の方言?「初詣」とは?