久住小春が踏み台発言!性格悪いキャラは炎上マーケティング?売れる為の手段 | 人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載!

久住小春が踏み台発言!性格悪いキャラは炎上マーケティング?売れる為の手段

ドラマ・アニメ・映画の無料視聴の方法をご紹介しています。
無料視聴は下記か­らご覧いただけます。
↓↓↓
ドラマ・アニメ・映画を無料で視聴する

「モー娘。は踏み台」発言で話題を集めている、元モーニング娘。でCanCan専属モデルの久住小春さんは、「モー娘。に入った理由はステップアップ」「アイドルは男の人に媚びている」「歌っている場合じゃないと思った」などなど、明石家さんまがメインパーソナリティのラジオ番組「ヤングタウン」で、失礼な目からうろこ発言を連発し、周囲を驚かせました。

久住小春モー娘。踏み台

この日、ラジオ番組「ヤングタウン」に出演していたモーニング娘。の道重さゆみさんは、久住さんのモー娘。時代の教育係だったそうで、久住さんの家の電話線をつなぐなど、身の周りの世話などを含め、毎回タクシーをよんであげるなど、いろいろな面倒をみていたそうです。その事に対しても、久住さんは「家も近かったし、頼む方が早いと思った」と、道重さんを悲しませる驚きの発言をしました。

ここは、道重さんあの時はありがとう!などが妥当な発言ですよね。(苦笑

 

この他にも、「モー娘。はライブに向けて練習をしなくてはいけないが、モデルは本番だけで、練習は何もしなくていい。」という、頑張っているアイドルグループにも、頑張っているモデルさんにも、失礼な発言などもしました。

 

 

久住さんのこの日の不適切な発言の数々は、出演者やリスナーに不快を与え、ツイッターやネット上で多くの波紋をよんでいます。

 

まだあまりテレビ露出の多くない久住さんを、昨年末ごろ放送された「ヒルナンデス」の矢口真里さんと一緒に出演していた「お買い物バトル」で拝見しました。先輩の矢口さんを尊敬しているという発言をしており、私が見た回の久住さんには、そこまで悪い印象を抱きませんでした。私が見た回だけがいい人?

 

アイドル時代にも、際立って性格の悪さが視聴者に伝わっていたイメージはなく、性格の悪いキャラクターを作りあげ、批判を受ける事で話題となる、炎上マーケティングの手法を使っているのではないか?いい話題でも悪い話題でも話題になることで、まずは知名度をあげたいのでは?という見方もできなくは無い気もします。

 

毒舌キャラやぶりっ子キャラで売れたタレントが、知名度が上がった後に、実はキャラクターでした。なんてカミングアウトすることも珍しくありませんよね。

 

炎上マーケティングとは?

ツイッター、ブログ、Facebookなど、ウェブサイト上で批判や非難をあびるような、不適切発言をすることで、批判的コメントを殺到させ「炎上」を作り、話題を呼び有名となることで、宣伝効果を得るマーケティング手法です。

 

売れる為の1つの手段で、性格の悪いキャラクターを演じているのでしょうか?

 

または本当に驚きの性格の持ち主さんなのでしょうか?

 

別の回の「ヒルナンデス」出演後や別のメディアでも、失礼な態度や発言を批判されていることもあり、これまでにも度々、メディアに触れた久住さんの言動の悪さはネット上で話題になっています。今回のラジオ番組で明らかとなったのは、教育係だった道重さんを、その時代にすでにいいように利用していた事実があったこと。お世話になった先輩・道重さんを今そこまで悲しませる発言をしても、何とも感じていないように不適切な発言を繰り返ししたこと。そこを踏まえて考えると、今話題取りのために作り出しているキャラというより、もともとある程度持ち合わせていた性格のような感じもしなくはないですよね。

 

キャラクター作りなのか、イタい性格なのか、まだ断言はできないと言ったところでしょうか。久住さんの今後の言動に、注目が集まりますね。

ドラマ・アニメ・映画の無料視聴の方法をご紹介しています。
無料視聴は下記か­らご覧いただけます。
↓↓↓
ドラマ・アニメ・映画を無料で視聴する

次の記事 »
前の記事 »

人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載! TOP » タレント » 久住小春が踏み台発言!性格悪いキャラは炎上マーケティング?売れる為の手段