[動画]日産デルタウィング クラッシュからの復活でル・マンシリーズ5位!

10月21日、アメリカのロードアトランタで開催されたALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)の最終戦1000マイルのレースで、日産デルタウィングが、初めてレースを完走して、さらに5位なりました。

日産デルタウィングは、アメリカのデルタウイング・レーシング・カーズに日産自動車がエンジン提供して開発された次世代レーシングカーです。

日産デルタウイングは、10月17日にGTCクラスのポルシェ『911』が接触し、デルタウイングは横転してそのまま壁に激突、そして大ダメージをうけました。

問題のクラッシュ動画
http://youtu.be/ZbRinPE-RKY

こんな大クラッシュにも関わらず、ドライバーのガーナー・ジーネット選手は幸運なことに無事でした。
その後、日産は10月20日のレース本戦に向けて、徹夜でマシンの修復作業に取り組み、
なんと横転クラッシュから24時間以内という驚異のスピードで回復を遂げました。

そして、注目のデルタウィングは、10月20日のレース本戦では最後尾である42番手からのスタートでした。
大クラッシュは受け、そして最後尾からのスタートにも関わらず、初完走で総合5位という、
なんとも輝かしい結果を残してくれました。

まさにチーム一丸となってのすばらしい結果ですね!

すごくカッコいいです!`

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です