藤子・F・不二雄の「間引き」が恐怖!怒り新党で異色短編マンガ紹介 | 人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載!

藤子・F・不二雄の「間引き」が恐怖!怒り新党で異色短編マンガ紹介

ドラマ・アニメ・映画の無料視聴の方法をご紹介しています。
無料視聴は下記か­らご覧いただけます。
↓↓↓
ドラマ・アニメ・映画を無料で視聴する

マツコ有吉の「怒り新党」で、藤子・F・不二雄の異色作品マンガ「間引き」「コロリころげた気の根っ子」「自分会議」が紹介されました。様々な世界の3大を見つける「新・3大○○調査会」の企画で、国民的マンガ家、藤子・F・不二雄の異色作品が登場しました。

 

藤子・F・不二雄先生は、「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」などの子供向けマンガを数多く描いている作者です。しかし、成人向けのハードな内容のマンガも描かれています。

 

日本人が知っておくべき「新・3大藤子・F・不二雄らしからぬ異色な物語」

1968年〜1995年に描かれたSF短編111話の中から3つを選定

 

「コロリころげた気の根っ子」(1974年)
コロリころげた木の根っ子

SFファンの中でも1番に押すブラックな展開の内容

童謡「待ちぼうけ」獲物をひたすら待つお話を、ヒントに作られた作品

物語の内容

出版社に勤めるある男が、作家の自宅に原稿を受け取りに行く
突然に現れた猿に、大事な資料を奪われてしまう
作家の先生とばったり道で会う
猿の飼い主は先生、逃げた猿を探しているところだった
猿を連れ、先生とある男は家へ向かう
玄関で先生の妻が客の男を迎え入れるが、おもむろに平手打ちを浴びせる
平手打ち

猿が逃げた責任を取らせたとのこと
作家先生は超亭主関白、気に入らないことがあるとすぐに妻に手をあげる

先生を待つ間、トイレを借りた男は、トイレでマッチを見つける
こんな匂いの強い汲取式トイレでタバコを吸うのはおかしいと感じる

男は新聞を借りようと、家の中で奥さんを探しまわる
ある部屋で新聞を切り抜いてスクラップブックを作っていた奥さん

新聞を借り読みながら歩いていると、落ちていたお酒のボトルで転び、階段を転げ落ちてしまう

作家先生は亭主関白にしてはいるが、本当は妻を愛していた
動物好きの先生に猿を買ってくれたことも、口には出さない物の喜んでいた

酒がなくなり怒りだす先生、今度は酒をもらいに男が奥さんを探しまわっている間、例の部屋で先ほど奥さんが新聞記事を集めて作っていた、スクラップブックを見てしまう。

切り抜きの内容:

ペットからの伝染病、東南アジア産の猿が運び屋、神経系統を犯し死亡率が高い
トイレが爆発、タバコを吸いながら汲取式トイレに入り、充満していたガスに引火
階段の上に置き忘れたおもちゃにつまずき、首の骨を折る

妻は殺人計画を立てていた!という事実を知ってしまう

恐る恐る部屋をでた男は、階段の上でまた空き瓶をセットしている奥さんを見かける‥

 

「自分会議」(1972年)
自分会議

物語の内容

お金がなく食べるものも無い青年の前にある男が現れ、3億円の遺産が青年に残されたと告げる

大金を前に慌てる青年の前に、次々に年齢の違う男たちが現れる

この男達は全てこの青年の未来の姿、未来からその3億円の使い方をああしろこおしろと言いに来た

自分の意見を譲らない男達、それなら幼少のころの自分に聞こうと幼い自分を、話し合いの場所に連れてくる

子供に意見を聞いてはみたものの、やはり最終的には意見を譲らない男たち、口論はデットヒートしながら続く

それを見ていた幼少の自分、窓に向かい、涙を流しながら飛び降りてしまう

残された口論後の荒れ果てた部屋、だれもいない静かな空間と化す

 

 

「間引き」(1974年)

間引き

1970年代前半に実際に起ったある社会問題を取り上げた作品

当時社会問題になったのは「コインロッカーベイビー」、赤ん坊をコインロッカーに捨てる事件が頻繁に起っていた

地球の人口が増え過ぎ食料不足になり、職権制度が導入される世の中

 

 

物語の内容

コインロッカーの管理人の老人が主人公

新聞社からある男が取材にくる
取材の目的は、育児放棄し、あかちゃんをコインロッカーにすてる親を捕まえ取材するということ

男は管理人のもとで張り込み取材
男が食券でお昼を食べにでたとき、保険屋の女性が現れ、管理人の老人に「遺族食券配布保険」の勧誘をする
保険は、老人が無くなった後、遺族に食券が渡されるという保険内容

老人は、毎日カップラーメンしかお昼に持たせない妻に、自分が死んだ後の食いぶちなんぞ知ったこったないと断る

取材の男が昼食を終えて戻ってきて、また張り込みを始める

そこへ若い夫婦が赤ん坊を捨てにくる

男は犯行現場の激写に成功する

自分のものを自分が捨てて悪いか、とわが子をもの扱いする若い夫婦に、取材の男は、人間の愛情が最近失われてきていて、それが殺人につながっていると話す

現代社会は愛が失われている、その言葉が胸に刺さった老人

するとそこに老人の妻が夜食を持って現れる

妻の愛を感じ涙する老人

夜食のおにぎりを口にした老人が倒れる

妻が青酸カリをおにぎりに混入していたのだ

妻はおなかがすいてしょうがないため、老人をカロリー保険に加入させていた

 

藤子・F・不二雄作品から紹介された、SF短編の3つは、お話の内容がとても怖くて、精神的な恐怖を感じるものでしたが、と同時に考えさせられるものも多くありました。社会問題に対しての訴えかけ、言葉に出さない人間心理、意味の深いお話に興味を持ちました。

他の作品も読んでみたくなりました。

ドラマ・アニメ・映画の無料視聴の方法をご紹介しています。
無料視聴は下記か­らご覧いただけます。
↓↓↓
ドラマ・アニメ・映画を無料で視聴する

次の記事 »
前の記事 »

人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載! TOP » テレビ » 藤子・F・不二雄の「間引き」が恐怖!怒り新党で異色短編マンガ紹介