[動画] 4月3日「怒り新党」燃えろアタックの必殺スパイク「ヒグマおとし」 | 人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載!

[動画] 4月3日「怒り新党」燃えろアタックの必殺スパイク「ヒグマおとし」

4月3日マツコ&有吉の怒り新党の新3代は、「燃えろアタック」の必殺スパイク「ヒグマおとし」が特集されました。女性が主役のバレーボールのスポ根ドラマで、モスクワオリンピック開催に合わせて作成され、オリンピック出場までを描く予定だったドラマです。

 

 

1973年4月6日放送 第13話「母がくれた必殺スパイク」

 

ヒグマ落とし・燃えろアタック

 

母から習った必殺のスパイク「ヒグマおとし」を必殺技に持つ、主人公ジュン。

その必殺技とは、まずは高く上がったトスに向かって、ネット前で大ジャンプ。

そしてネット上のジャンプ最高地点で、一回転、その後にアタックを打つもの。

 

 

 

回転する意味がどこにあるのか、突っ込みどころのある必殺スパイク「ヒグマおとし」に爆笑でした。

 

 

 

1979年11月16日に放送 第41話「北国に燃える闘魂」

 

Wヒグマ落とし

「パール落とし」ボールが分身するスパイクを打てる、ハワイからのバレーボール天才と呼ばれる転校生ユカがチームに加わる。

天才転校生ユカが、ジュンの必殺技をマスターしてしまう。

ジュンとユカは2人コンビで、Wヒブマおとしの技を開発する。

 

Wヒグマ落としとは、まずは2人揃ってハイジャンプ、その後2人揃って空中回転、最後はジュンだけがアタックする必殺技

 

 

ふつうバージョンと同じく、無駄な動きが多い大掛かりなスパイクが、となり同士で炸裂する、面白さもWの必殺スパイクでした。

 

 

 

 

1980年5月23日放送 第65話「完成!幻のスパイク」

 

旋風のアタック

 

ついに日本代表に選ばれたジュン、幻のスパイクを完成させる。

レギュラー争いが上手くいかないジュン、母からの導きで凄い技を生み出すことになる。

まずは旋風のように横回転しながらのジャンプ、さらに斜めにひねりを加えてからの超回転アタック、コレをレシーブしようとする人もクルクル、さらに落ちたボールもまだクルクルクルクル

 

回転力のすごい旋風のスパイクが完成した!

 

しかし…..

 

 

ここまで熱いスポ根で進んできたストーリーでしたが、この放送翌日に、日本代表のオリンピック不参加が決定、そのために脚本は大幅に変更され、主人公ジュンのライバルハワイからの転校生は、突然コートで病死、最終話はバレーのシーンは1分のみの放送で、残りはジュンの家族団欒のお話と極端な内容の変更がされました。

 

今回の3大◯◯は、突っ込みどころ満載の必殺アタックが紹介されていて、とても面白かったです。

 

4月3日放送「怒り新党」動画はこちら

次の記事 »
前の記事 »

人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載! TOP » テレビ » [動画] 4月3日「怒り新党」燃えろアタックの必殺スパイク「ヒグマおとし」