スティーヴン・スピルバーグ 学習障害『ディスレクシア』を告白 | 人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載!

スティーヴン・スピルバーグ 学習障害『ディスレクシア』を告白

ドラマ・アニメ・映画の無料視聴の方法をご紹介しています。
無料視聴は下記か­らご覧いただけます。
↓↓↓
ドラマ・アニメ・映画を無料で視聴する


『E.T.』『未知との遭遇』『ジュラシック・パーク』で
知られるスティーヴン・スピルバーグ監督が学習障害の一つである
『ディスレクシア(難読症、読字障害)』と呼ばれる障害を患っていること
告白しました。

スピルバーグは、この障害が原因で、
子ども時代にはいじめられていたとインタビューで告白しています。

この障害の診断を実際に受けたのは、
わずかに5年前だそうです。

子供の頃は、人より読み書きについて遅れていて、
それが原因でいじめにあったり、学校に行きたくないといった経験も
あるそうです。

その幼少期の出来事の謎がこの『ディスレクシア』という学習障害という
診断を受けて解けたというわけです。

この学習障害の為、現在でも文章を読んだりするのに
人の倍の時間がかかってしまうそうです。

こういったハンディを持ちながらも、
映画監督として確固たる地位を築いて成功することができたのは、
本人の努力と情熱、そして周囲のサポートがあったからです。

自分にとってのハンディと思うことがあっても、
だた1点情熱を傾けるものがあり、それに打ち込むことで、
そのハンディをものともしない成功を得ることができるのですね。

こういった姿勢は是非とも見習いたいです。

スピルバーグ監督の場合は、
映画との出会いがその後の人生を大きく変えたというわけですね。

ちなみに、この『ディスレクシア』という学習障害について調べてみました。

『ディスレクシア』
・学習障害の一種(文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害)
・数字の「5」と「five」を同じものと識別できない、文字を正確に覚えられないなどの症状

このような障害を患っていても、
それ補って余りある感性とイマジネーション力が
スピルバーグ監督のすばいらい映画を生み出す原動力となっているのですね!

ドラマ・アニメ・映画の無料視聴の方法をご紹介しています。
無料視聴は下記か­らご覧いただけます。
↓↓↓
ドラマ・アニメ・映画を無料で視聴する

次の記事 »
前の記事 »

人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載! TOP » 映画 » スティーヴン・スピルバーグ 学習障害『ディスレクシア』を告白