スケート | 人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載!

[動画] 四大陸選手権2013浅田真央フリー演技の映像、新衣装の画像

大阪で行われているフィギュアスケート4大陸選手権の、浅田真央さんのフリープロブラムの映像です。ショートプログラムでトリプルアクセル(3回転半)を成功させた真央さんは、トリプルフリップ、トリプルループの3回転3回転コンビネーションを決め、圧倒的な演技力で単独優勝を飾りました。

〈白鳥の湖・新衣装の画像〉

胸元から腰回り、そして手の甲にかけてふわふわで白い白鳥らしい羽がたくさんあしらわれた新しい衣装、フリーの曲・白鳥の湖にも真央さんにもとても似合っていて、素晴らしい演技をさらに美しく魅せていました。

浅田真央・新衣装・ふわふわの白鳥の湖

真央さんもお気に入りだという、ふわふわの衣装、羽が一枚でも落ちてしまうと減点と聞いていたので、素人目からは少しドキドキしてしまう衣装でしたが、演技が始まってしまえばそんな心配も吹き飛び、ただ美しい演技に魅了されていました。

 

四大陸選手権2013浅田真央フリーの演技

http://youtu.be/d-a8WwBQ8RM

ショートプログラムで成功させた3回転半のジャンプ、トリプルアクセルに両足で着地してしまったときは、曲の始めの方でしたので、この後に響かないかと少し心配になりましたが、そんな心配はご無用でしたね。

トリプルルッツ、ダブルアクセル・トリプルトーループ(2回転ー3回転)、トリプルフリップ・ダブルループ・ダブルループ(3回転ー2回転ー2回転)などの難しいコンビネーションジャンプも綺麗に決め、足取り軽やかで滑らかな演技を終止披露してくれました。

[動画] 浅田真央がトリプルアクセル3回転半!四大陸フィギュア2013SP

フィギュアスケート・4大陸選手権2013が大阪で開催され、浅田真央さんが2年ぶりにトリプルアクセル(3回転半)を成功させました。浅田真央さんは、2月9日に行われた、女子ショートプログラム(SP)で、3回転半を飛んだ後も完璧に近い素晴らしい演技を披露、2位以下と10点近い差をつけ首位に立ちました。

ジャンプを成功させ素晴らしい演技を終えた、笑顔の浅田真央さんの画像です。

浅田真央3回転半4大陸フィギュア2013

今大会・4大陸選手権のフリーの演技は「白鳥の湖」、これまでの衣装と違う新しい衣装で登場します。

新衣装は、白鳥の白い羽出たくさん飾られた美しいもので浅田さんもお気に入り。ただ演技の間に装飾品が落ちる事は、減点になってしまうそうなので、見ているほうは少し気になってしまいますね。

新しい衣装での白鳥の湖も注目ですね。

今大会での成功は、2014年ソチ冬季五輪に向けて飛躍していくための、良い通過点となります。全7回のジャンプが組み込まれたフリープログラム、ショートプログラムに引き続き、フリーでもトリプルアクセルを決められるのか、期待が高まりますね。

 

浅田真央さんが3回転半を成功させたショートプログラムの映像です。

http://youtu.be/PaxaOIP62G8

[動画] 高橋大輔フィギュア グランプリファイナル2012 ショートプログラム1位

2012年12月7日ロシアのソチで開幕した「フィギュアスケート グランプリ ファイナル 2012」の男子ショートプログラム1位「高橋大輔」の完璧な演技の映像です。

男子シングルショートブログラムで、高橋大輔は、4回転トゥループを完璧に成功させ、後半のトリプルアクセルも成功、92.29点の高得点を獲得してのしての首位スタートとなった。

同じく男子ショートプログラムに出場した羽生結弦(はにゅう・ゆづる)は、トゥループとトリプルアクセルのジャンプを成功させたが、後半のジャンプで減点、3位の結果となった。

 

高橋大輔さんと並んで女子シングルショートプログラムでは、浅田真央さんが素晴らしい演技で1位、男子3位に羽生結弦、女子3位に鈴木明子、と日本勢頑張っていますね。今回はフィギュア日本代表選手が、男女で優勝を狙えるがんばりをみせてくれています。とても楽しみですね。

 

高橋大輔フィギュア グランプリ ファイナル2012SP動画

〈ショートプログラムの結果〉

1位:高橋大輔 92.29点

2位:パトリック・チャン(カナダ)89.27点

3位: 羽生結弦 87.17点

4位:小塚崇彦 86.39点

5位:ハピエル・フィルナンデス(スペイン)80.19点

6位:町田樹 70.58点

 

「フィギュア グランプリ ファイナル2012」女子ショートプログラム1位の浅田真央の演技はこちら

[動画] 浅田真央 GP中国杯優勝! フリー&ショートプログラム動画

3日に行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯で浅田真央さん(中京大)逆転優勝しました。

ショートプログラムを終えての結果は2位でした。
この時点の1位は、ロシアのユリア・リプニツカヤ

1位 ユリア・リプニツカヤ ロシア     63.06
2位 浅田真央     日本     62.89
3位 長洲未来     米国     59.76
4位 キーラ・コルピ     フィンランド 59.69
5位 李子君         中国     59.21

そして3日に行われたフリープログラムで、大きなミスもなく合計181.76点を獲得して優勝です!

1位 浅田真央     日本 181.76
2位 ユリア・リプニツカヤ ロシア 177.92
3位 キーラ・コルピ     フィンランド 169.86
4位 長洲未来     米国 163.46
5位 李子君         中国 160.06

フリープログラムでは、3年ぶりの新曲 チャイコフスキーの「白鳥の湖」に合わせて見事な演技を披露しています。

浅田真央さんのフリープログラムでの結果です。

得点   :118.87
技術点  :54.53
演技構成点:64.34
減点   :0.00

こちらが優勝を決めた演技の動画です。

ショートプログラムの演技はこちら
http://youtu.be/EK-U_HinhZs

優勝おめでとうございます!

安藤美姫選手 来季限りで引退? モロゾフコーチ不在が原因?

フィギュアスケート世界女王の安藤美姫選手(24)が、来期限りでの現役引退の意向をみせています。

GP(グランプリ)シリーズ出場を断念し、来季を「ラストのシーズン」としてアマチュアを引退し、
ソチ五輪については考えていないことも明らかにしています。

安藤美姫選手は、ロシア人コーチのニコライ・モロゾフ氏(36)との関係が、普通の選手とコーチ以上の関係であったことは明白で、そのモロゾフコーチとの契約の解消が今回の引退発言に起因しているのではないかとも言われています。

モロゾフ氏とは、06年トリノ五輪後から契約をスタートし、その後金メダルを獲得した昨年4月の世界選手権後に契約を解消しています。

その後の後任のコーチは不在のまま、今に至っています。

安藤選手は、7月1日~4日にツイッターに数回、

「I born to die(死ぬために生まれてきた)」
「Hard and hurts(辛い、痛い)」

などとネガティブな呟きをしており、ファンから心配される事態もありました。

以前から安藤美姫選手は、メンタル面が弱いと言われていましたが、
この一件で露骨にそれを証明する結果となってしまいました。

なんとか立ち直ってもらって笑顔の演技を見せてもらいたかったのですが、
なんとも残念です。

ちなみにモロゾフ氏は、2012年の世界選手権銀メダリストである高橋大輔選手とソチオリンピックを目指すことになっています。

人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載! TOP » スケート