スマートフォン | 人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載!

[動画] ソフトバンク 米第3位携帯電話会社スプリント・ネクステルを買収

ソフトバンクは15日に、アメリカの携帯電話会社第3位のスプリント・ネクステルを買収すると発表しました。

スプリントは、「AT&T」「Verizon」に次ぐアメリカ国内での超有名大手電話会社なので驚きです。

気になる買収の金額は201億ドル(1兆5709億円)ということで、これでスプリント株の7割をソフトバングが保有することになります。

 

今回の買収によりソフトバンクの顧客数は約9000万人と一気の増加し、

携帯電話事業の売上高では世界第3位となります。

 

これでソフトバンクは、まさに世界規模の携帯電話会社になります。

国内最大手のNTTドコモの顧客数は、約6000万人なので、数だけ見れば国内では最大です。

 

ただし、スプリント・ネクステルのここ最近の売り上げは芳しくありません。

アメリカ国内第1位のAT&Tと第2位のベライゾンは黒字収支となっていますが、

スプリント・ネクステルは赤字続きとなっています。

 

なので、今回の買収が米国での米国市場での成長を見込んでのものではなさそうです。

孫正義会長の今回のこの賭けは、どういう結果となるか興味深いですが、

それにしても経営上の要所要所で大きな賭けに出る行動力と決断力には

いつも驚かされますね。

 

http://youtu.be/YQGjt9HCjuw

iPhone5 ストライキで入手困難か?


iPhone5を製造するFocxconn(フォックスコン)の中国工場が金曜日からストライキに突入にしたそうです。

このストライキは金曜日に始まり、品質管理ラインに携わる従業員の大半がこのストライキに参加している模様です。
それにより、iPhone5の生産ラインが停止しており、製造&出荷がストップしてしまっている状態のようです。

世界中のiPhone5は、予約後に中国のフォックスコン工場で生産され出荷されます。
ここの生産ラインがストップすれば、それだけiPhone5の出荷にダイレクトに影響します。

依然品薄状態が続いているiPhone5ですが、この影響でさらに入手まで時間がかかってしまいそうです。

既にiPhone5を入手している人はラッキーでしたね!

AppleよりiPhoneの製造を請け負っているフォックスコンでは、最近トラブルが続いています。

フォックスコンでは2010年1月23日から5月26日まで12人が自殺などを図るという事件が続発しました。
また、2011年には成都工場で爆発事件が発生し4人が亡くなっています。

この労働環境に劣悪さも今回のストライキの原因となっているのでしょうね。

スマホアプリインストールで個人情報76万件流出!


アンドロイドスマートフォンに、あるアプリをインストールすることで、そのスマートフォンに登録されている電話帳の情報(個人名や電話番号、メールアドレス、位置情報)が抜き取られて外部(横浜市内)のサーバーに送られていたことが、情報セキュリティー会社「ネットエージェント」の調査で分かりました。

問題のアンドロイドアプリは『全国電話帳』というアプリで、
全国の個人・法人を名前や電話番号から検索することができる無料の電話帳アプリです。

9月16日からダウンロードして、インストールが可能な状態になっていたとのことです。

このアプリには、過去のタウンページとハローページとに掲載された約3800万件の電話帳データが登録されているそうです。
これに加えて、アプリ利用者の個人情報も抜かれて、このアプリの電話帳データベースに蓄積されて、
利用者間で閲覧ができる状態だったようです。

そして、約3300台のスマートフォンから、既に約76万件ものデータが流出したとのことです。

一応、「アプリ利用者のアドレス帳、GPSの情報も利用します」という説明もあるようですが、
説明を読まないでインストールした人も多かったらしく、このような大規模な流出につながったようです。

問題のアプリはこちらです。

全国電話帳

現時点10/6ではまだダウンロードは可能ですが、
データベースにはアクセスできないようになっているみたいです。

個人情報が流出するとはっきり分かっていれば、誰もインストールはしないですよね。
間違ってもインストールはしないようにしてくださいね!

このような状況になっていても、いまだにインストールが可能な状態にあること自体不思議です。

そもそもAndroidアプリは、iphoneアプリと違い、アプリの公開に際して、
審査がありません。

【iPhoneアプリ】
Appleの厳しい審査にパスしたアプリのみが、App Storeでのみ配布・販売されます。
この審査があるため、今回のようなアプリが審査を通ることはあまりありません。

【Androidアプリ】
殆ど無審査状態でアプリが配布・販売されます。
審査がない以上、アプリの自由度は高いですが、今回のような問題のあるアプリや、
ウィルスが仕込まれているアプリも存在しています。

スマートフォンとして、アンドロイドを使っている人は、
アプリのインストールには十分注意が必要ですね。

人気ニュース&動画から話題の出来事まで情報満載! TOP » スマートフォン